2006年02月24日

天丼

しばらく同じ物をずーと食べつづけるときがある。
今は天丼である。それも「まさぼん」のかき揚げ天丼。
駿河湾産のしば海老が入った香ばしいかき揚げが
たまらない。近くを通ったり、あるいは近くでなくても
たまらないときは食べに行く。
何がこんなにおいしいんだろうと思うが、やはり
カリッとしたコロモの揚げ方だろう。
そういえばある有名なてんぷら屋さんで言われたことが
あるが、てんぷらはきわめて標準化しにくい仕事だそうで、
てんぷら職人になるまで時間がかかるそうだ。
「だからてんぷら屋のフランチャイズはないだろう」
と言われてみればそうである。
そんな職人の店が残るのはなんとなくうれしい。
まだまだ「かき揚げ天丼」通いは続きそうである。
posted by 木村雅 at 15:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

千客万来

久しぶりに神戸屋レストランにいった。いつも満員という店はたとえば堺市上の中華の「兆楽」とか、泉北2号線の「函館市場」、宿院の「弥助」、中百舌鳥の「花梨」とかあるけど、この「神戸屋」の混みようも半端ではない。少し高いランチだけど料理はおいしいし、焼きたてのパンが食べ放題であったり、サラダバーが充実しているので人気なのだけど、どうも本当に儲かるのかなというほど気前がいい。連れ合いとすこし恥ずかしくなりながら山盛りのパンを持ってきているのに、焼きたてのパンでございますといってまた持ってきてくれたり、見透かされたように「サラダバーのお皿を新しいのに取り替えましょうか」などといってくる。恐縮してしまって、「いい店だな」とロイヤリティはまた高くなる。そして必ずパンやケーキをお土産に買ってしまう。きっと戦略にはまっているのだろうなと思いながらなんとなく気持ちのいいはめられ方であります。商売名人導入して!
posted by 木村雅 at 21:07| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。