2011年12月08日

ルルドへの旅

首の  ヘルニアから来る  激痛から  和歌山の 高名な 先生の


治療を  受けて  4ヶ月 が  経ちました。


先生の指導で  禁酒と  野菜中心の 食生活を 心がけ


(何と言っても おっかないのです!!)


体重も 落ち  血液も サラサラに 近い状態に なってきて


自然と 首の 痛みも 全くなくなりました。


自分の  体の 自然治癒力 が  出来てきたと 言っていただきました。


先生の 著書に  紹介のあった  アレキシス・カレルの 「ルルドへの 旅・祈り」という本


は  自分の  体の 変化を  感じたときに  読みました。


ノーベル生理学・医学賞を 受賞した  カレル博士は  14歳の少女に


聖母マリアが 現れ  多くの 奇跡が 起こった地である 「ルルドの 奇跡」を


もちろん 信じて いませんでした。 病人が もし 治ったとしても  精神的疾患からのもの


であろうと 思っていたところ、 器官損傷の  重病人が  一日で  


完治するのを目の前で見て   奇跡を  認めざるを 得なくなって しまいます。


その後 カレルは  希代の名著  「人間 この 未知なる物」を 執筆します。


渡部昇一氏が  翻訳され  氏が 「自分の 恩書」と 言っておられる本を


今 読みながら  日本の 文化 文明の すごさに 改めて 気付かされています。


そして  危機感も 抱きます。 自分の 体の 治療から 始まった 「旅」を


必然として とらえ  学習 実践 していきたいと思います。 
posted by 木村雅 at 07:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

変革へのリーダーシップ

もと  世界銀行副総裁の  西水 美恵子さんの  フォーラム要旨が


毎日新聞に  掲載されていました。


氏は  ブータンの  先代国王 雷龍王4世から  4つのことを


教わり  本来は 貧困救済を使命とする 世界銀行の 体質改善に  


強い意志を もって 取り組めた と 述べておられます。


@危機感の力  自分時自身の危機感を国民(社員)と共有しようと大変な努力を続ける
        
        リーダーの存在


Aお客様への情熱が生むチーム精神の力  お客様のお客様になりきるほどに熟知しない会社は
             
                    いつか 必ずダメになる


B逆さまの力   弱い人から考える= 組織を 逆さまにする


C幸せの力   一心本気で ぶれないリーダーシップが国民(社員)の幸せを呼び
      
        生産性の高い 組織を 作る



 そして  リーダーの 仕事には  夢と情熱と信念があり それが 周りの人々に


 やる気と  勇気を  もたらすと  述べておられます。


身が引き締まりました。


自分の家族 職場  地域社会で  自分が 何を なすべきか  考えるのではなく!!


「すべきことを どう とらえたら いいのか  問うこと」

それが  すべてを 変革していく。  



「人の 世に 不変なものは  変化のみ」 雷龍王4世の 言葉だそうです。


勇気を いただける  メッセージでした。

posted by 木村雅 at 07:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

自分への手紙

一年前に 行った研修で書いた 「自分の一年後への手紙」


が 昨日  届きました。


一年後  どうなって いたいか? という テーマで 書いた手紙。


恐ろしいほど  そのとおりになっていることもあれば 


まだまだ 実現していない こともあります。


でも  思ったことしか  実現しない のが  改めて わかりました。


強く思うこと  そうすれば  必ず 事は 実現していく。


そう思います。 


それにしても  面白いですね。


過去の 自分から 届く手紙は。


今年も  やってみよう。
posted by 木村雅 at 08:48| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

ブータン国王の演説に感動し、自省も、、

多くの方が  昨日の  ブータン国王の  国会演説に  感動しておられます。


大震災への 心のこもった  哀悼と この震災から  強く 大きく 立ち直れるのは


日本であると  暖かい エールを 送ってくれました。


また

「この グローバル化した世界において、 日本は技術と確信の力、勤勉さと責任、


強固な 伝統的価値に 置ける模範であり これまで以上に リーダーに ふさわしいのです。


世界は 常に 日本のことを 大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、歴史に


裏打ちされた  誇り高き伝統をもつ国民、不屈の精神、断固たる 決意、そして


秀でることへの 願望を持って 何事にも取り組む 国民。知行合一、兄弟愛や 


友人との ゆるぎない 強さと 気丈さを 併せ持つ 国民として 認識 して参りました」


国会議員の 皆さんは  どのような  思いで  この演説を 聞かれたのでしょうか?


私は  忸怩たる 思いで一杯です。


国王の エールに  恥じないよう  さらに  精進  していかねば なりませんね。






posted by 木村雅 at 17:22| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

木村式自然栽培

NHKの プロジェクトXで 取り上げられたのが  6年前。


「奇跡の りんご」の  木村 秋則さん は


今や 日本だけでなく  世界の農業を 指導する 立場に 


立っておられるようです。


6月には ついに  木村式 自然栽培法が


国連の FAO(食料農業機関が定める)GIAHS(ジアス=世界重要農業遺産システム)に


指定されました。


日本では すでに  この栽培方法で  多くの地域で 「お米」を 生産されており


岡山では  回転寿司を 10店舗 経営されている  方が  自ら その栽培を


して 自店に そのお米を  出されようと  しておられます。


そして  この  農法を  広げていくには  消費者との  連携が


欠かさないものと して  運動を  されています。


TPP論議  かまびすしい  今  このような 運動が  起き上がってくるのは


偶然ではないと思います。


この  寿司チェーンの オーナー  高橋さんと


「奇跡のりんご」の  木村 秋則さんが  相次いで  堺に 来られます。


ぜひ  一度 じっくり お話を 聞いて 見たいですね。


20111116174538856_0001.jpg


20111116174517026_0001.jpg


posted by 木村雅 at 07:23| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

男子3日会わざれば刮目すべし

久しぶりに  コア−の 吉瀬社長と  食事しました。


「あんた 痩せすぎで  あぶらっけ 無くなってきてるで」


ということで  隠れ家 「浜一」に 行って 串揚げを  いただきました。


「浜一」は  本当に 隠れ家の  ような  創作串揚げの お店です。


食材の 新鮮さ ユニークさと 使っている油が  上等で  とても


満足できる  お店です。


さて  久しぶりに お会いして  またまた  刺激に 満ちた  


会話を  楽しみました。


自分が  今  悩んでいることを  それとなく  指摘してくれ


友人の  ありがたさに  感謝しました。


それにしても  「男子 3日 会わざれば  刮目すべし」


ちょっと  会わない間に  またまた  大きくなっている(体重ではありません)に


大きな  刺激も 受けたのでした。


自分では 見えないこと 多いですね!








posted by 木村雅 at 09:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

10年後から今を見る

浜松の倫理法人会は  10年前から  小学校の校門で  挨拶運動を 毎日!!


続けてこられました。 全市内の小学校を 廻りました。


それこそ  雨の日も  風の日も。


そして  10年経った  今年  会員の  会社に 


その頃の  小学生が  入社してきました。


挨拶運動のことを  覚えていて  「元気な朝礼」の その会社に


すぐに  なじんだそうです。


運動を してきた  社長の  感慨や  いかばかり だったでしょう。


そんな  話を 聞いて あまりにも  性急に  結果を 求めすぎている  


自分が  恥ずかしくなりました。


10年後を  見据えて 今を 生きる。


そう考えると  あせることは無い。 そして  だからこそ 毎日を 計画立てて


一生懸命  生きる。 一分一秒を 大切に する。


10年後に 「本物」に なっている事を 考え 真剣に 決断していく。


人を 大切にしていく。 喜んで 働く。


そして  人生に  感謝する。


いまさらながら  当たり前の ことへの  大きな気付きでした。





posted by 木村雅 at 07:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

早朝に感じる感謝のこころ

禁酒宣言してから  10週間。


疲れていた 肝臓は  回復し  正常機能に戻っているようです。


ついでに始めた  ダイエットの お陰で  体重は  9キロ減。


お腹のなかも  脂肪が消え去り きっとすっきりしているでしょう。


飲まないので  早寝早起きが出来  3時半から 4時 には  目覚めて 


朝から  散歩(さすがに  真っ暗ですが、、、)に  読書に  いそしんでいます。


もっと  はやく  こんな 生活にしていれば、、、と思います。


6時には  会社に  入り  一日の 準備。


やることが  次々  出てきます。


そして  7時過ぎには  スタッフが  一人二人と 登場。


8時には  営業全員揃います。 (9時15分始業です!)


きっと  前日も  遅かっただろうに、、、 


そんな時  皆への  愛情と  感謝の 気持が  湧き出てきます。


ちょっと大げさですが 生きてて 良かったと  思う瞬間です。


みなの 努力を  成果に  つなげて行くのが  自分の 仕事。


今日も 気力 満々に  なるのです。

posted by 木村雅 at 08:18| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

自転車で遠くに行きたい

10日の  祭日に  自転車レーサーの S氏の  指導のもと


初サイクリングに  行きました。


40キロぐらいだったと  言うことですが


キャノンデールの  素適な 自転車を借りて  


快適な  ロード でした。


「自転車で 遠くに  行きたい」   河出書房新社刊  米津 一成著


という本を  随分前に  買っていたのですが


その 帯に  こんなふうに書いてます。


「自転車で 一日100kmは当たり前、 200kmはザラ  400kmで


 今日はちょっと走ったかな」と いう  筆者の  長距離ワールド。


 だが  驚くには 当たらない。 本書を読み  遠くの空を


 追いかけはじめ  3年も経った頃、 きっと  アナタが そうなっているはずだから」



きっと この本を 買った時から   自分で 願っていたことなのでしょう。


思いは  実現していく。  


一日 400km 走れる  ロードレーサーに  なる日も 来るのかな?


楽しみです。






posted by 木村雅 at 07:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

生んでいただいた亡き両親に感謝する日

IMG_4422.JPG


55歳の  誕生日でした。


会社では  社員さんたちに  サプライズの  お祝いを 


していただき   感激しました。


IMG_4419.JPG


アドバルーン  みたいな物は  「セブン」という  美容室の


佐々木オーナー からの  プレゼントです。


いい歳になって  いつまでも  人に  祝って もらっている場合ではないですね。


誕生日は  生んでいただいた  両親に 心より感謝をする日。


亡き  両親に 感謝をし、 家族 スタッフ  友人達に


出会えたことも 心より  感謝 します。
posted by 木村雅 at 19:31| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

圧倒的な努力をしても、、、

「石原慎太郎と仕事がしたい」と 熱望した  若き 見城徹(現・幻冬舎社長)は


なんと


「太陽の季節」と 「処刑の部屋」を  全文暗記して


石原慎太郎の前で  暗誦した。


「わかった もういい。お前とは仕事をするよ」と


石原氏は  苦笑しながら 言った。、、、、


圧倒的な 努力は  必ず 実を結ぶ。


しかし  努力する側と  受け止める側は  まったく 別の主体である。


「両者には  絶望的な  溝がある」

プロセスを 評価して くれ  という  泣き言を  毅然と 己に 断ち切る 厳しさ。


今の 自分に  かけて いるのは この甘えかな。


「憂鬱で なければ 仕事じゃない」 講談社刊


刺激的な  一冊 でした。



posted by 木村雅 at 09:40| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

太陽の力

日が 昇り始めた  瞬間の  空が  大好きです。


困った時  しんどい時に  この 景色を 見ると


不思議と  元気付けられます。


何故  太陽なのか?


それは 太陽が 私のすんで知る太陽系の  中心だから。 


中心に  向き合うことによって  気持が 落ち着き  そして 元気が出てくる。


さらに  それは  自分の  存在の根源へ  


自分の  生きる  意味へと  つながっていくように  思うのです。


すべては  一つながり。


太陽の 力を 仕事に 注入して  周りを  明るく照らしたいと 思うのです。


110908_053048.jpg
posted by 木村雅 at 10:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

困っている人

本の  帯に 


「心に雷を落とされた」


「すでに古典」


「人としての 強さ 美しさ  凄いパワー」


「涙が止まらない 悲しいからではなく  


 人間の  尊さに  突き動かせれる 思い」


 ビルマ難民 支援の 活動を していた 25歳の  大学院生が


 治る見込みのない  難病に なってしまう。


 壮絶な  痛み  苦しみ。 先の見えない  絶望の中で


 難病患者にとって  「モンスター」のような


 社会に 立ち向かっていく。


 知性あふれる 文章と  上質の ユーモア (絶句です)


 が 他人への  優しさを  あらわしています。


 こんな状況で  どうして  そんな 立派に?


 救われる 本でした。
  

110829_114458.jpg
posted by 木村雅 at 18:05| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

ぱどPO会員20000人突破!

ついに ぱどPO 会員が  20000人を  突破しました。


目標の  30000人まで  あと一息。


加盟店さんの  多大な  ご協力で  全国の ぱどでも


一番  伸びているのではないでしょうか?


感謝です。


地域の活性化を  本気で  考えたら  ぱどポイントに なりました。


本気の  仕事が  奇跡を  生む。


奇跡を  信じています。


110824_080350.jpg
posted by 木村雅 at 08:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

地域に 元気を 届ける

777号  スペシャルは  予想以上に  制作に  負担がかかりました。


土曜日朝に  来て見ると  制作メンバーは  全員 完徹。


荒井女史まで  手伝ってくれていました。


考えてみれば  普段の  倍以上の  量でしたから。


ありがとう  ございました。


われわれの  原点は  お客様の  大切な 情報を 形にし  編集し  


読者に きちんと  届ける。 


当たり前に やっていることで  マンネリ に なっていることが


無かったか  改めて 問う  ことも 痛感 しました。


「閉塞感の  ある  地域を  少しでも 元気にする」


ための  今回の  スペシャル。


これから が  大切です。


地域の お客様  読者に  元気を  届けましょう。




posted by 木村雅 at 07:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

満足せず

堺市 長尾に ある  超人気焼肉店 「滝本商店」に


行ってきました。


求人チームが  1100万の 売上達成をした  ご褒美です。


平日にも  かかわらず  お店の前は  長蛇の列。


よく  予約が  とれました。


そして  素晴らしい 肉の  オンパレード。


IMG_1056.jpg


IMG_1203.jpg


皆  感動しました。  はやる 訳です。


さて  お祝いの席ですが


さっそく  O女史からは  メンバーに  苦言が、、、、、


「なんか 皆  満足しているんと違う? こんな  数字で  満足出来る?」


「日本一とろうよ、 私も  頑張る」


さすが  もと  NO1  営業マン。  意識が 衰えていません。


なけなしの自腹(泣)を きった  身としては  感謝の言葉もありません。


どんな  ところでも  プロ意識を  忘れない  


若い人に 見習って欲しいし  ぜひ  日本一  目指して 欲しいと


心より  祈ったのでした。
posted by 木村雅 at 08:47| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

南大阪元気宣言!!

ぱど 777号 スペシャル  が 大爆発。


250件の  受注に  成功。


私達の  原点に 戻った  「地域密着」の  企画に


本当に  たくさんの  企業 商店が  賛同してくれました。


「地域を 盛り上げたい」 という  オーナーさんたちの 気持と


一つに  なることが出来ました。


「私達に 出来ること」は  何か?


社員一同  十分に  理解させていただいた  企画でした。


分厚い 「ぱど」が  8月26日に 家庭に  届きます。


楽しみですね。


          【250件の受注】
110809_090912.jpg
posted by 木村雅 at 17:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

日本有数の元気朝礼

滋賀びわこ湖南  倫理法人会での  講話を  させていただいたあと


盟友  永田氏  率いる  ビーサイドプランニングさんに  寄りました。


いうまでもなく   元気朝礼で  超有名な  会社です。


参加してみて  うわさどおりの  元気のよさと  テンポの よさに


自然と  気持が  高揚してきました。


いろんな  ところの  朝礼を  勉強して  独自の ものを


作られてこられた  営々とした  努力に  脱帽です。


人の真似が  出来るのは  向上心と  素直さ。


見習うところは  実は  ここなんだなあと 思いました。


ありがとう  ございました。


110802_090028.jpg
posted by 木村雅 at 11:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

ぱど 777号

8月26日号の  ぱどが   777号を  迎えます。


1000号とかの  記念号ではないのですが


ちょっと  沈滞気味の  地域の  消費を  活気付けようと


「面白い企画」を  立てました。


プレゼントが一杯とか  地元の  たくさんの お店が  載っているとか、、


そして  何よりも  頑張っているのが


「分厚いぱど」が  できることです。


ビックリするような  情報満載の  ぱどが  出来上がります。


読者のかたは  地元にも  面白いところが  たくさんあるんだなあと


思っていただけます。


酷暑の中  地元元気の  ために  スタッフ 一同  走り回っております。


                   表紙デザイン(案)
777号ラフ案.jpg
posted by 木村雅 at 07:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

朝礼指導

昨日は  わが社の  朝礼委員長  筒井君と


お得意様の  朝礼指導に。


ブライダル業界で  急成長中の  企業です。


社員数は  160名を  越え  人材育成に  取り組んでおられます。


現場の方から  「職場の教養」が  欲しい との  要請で


「倫理経営講演会」を  見に来られ  倫理法人会に  入られました。


社長の  戦略を  どう 具現化  するか?


さらに  大きな  飛躍を するために  社内の 結束を どう計るか?


課題は たくさんあるようでしたが


リーダーの 方たちが  真剣に  取り組んで  おられるのを


見て  必ず  成功して いかれるだろうと  思いました。


社長とは  長年の  お付き合いですが


とても 厳しい ながらも  社員思いの  指導を  目の当たりにし


心打たれました。


私の方が  たくさん  学ばせていただきました。


一生懸命  朝礼の  ことを  お伝えしました。


いろんな  お手伝いを  これからも  していきたいですね。
posted by 木村雅 at 07:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。