2006年09月04日

宴会好き、そしてK君の事。

ともかく宴会好きである。特に会社の仲間と飲むのは一番楽しい。金曜日は

成果報告会のあと、P&DセンターのK君を久しぶりに誘い総務のT君とYさん、

P管のO女史と飲んだ。(ちなみにこのT,O両氏は私の誘いをほぼ100%受け

てくれる貴重人種である。感覚値になるが会社のメンバーに声をかけて社長に付き

合ってくれる確率は30%くらいかなあというレベルなのでこれはきわめて驚異的

な数字である。いつもありがとう!嫌われ者の社長に付き合ってくれて)

さてK君である。水曜日に大型トラックの運転手と納品をめぐってやりあったとか

いう噂が流れてきてて、(相手の運送会社は大阪弁でまくし立てられたと言ってい

た!ので)真っ先に真相を確かめた。K君は大変温厚でそんなことができるとは思

えなかったからである。そもそもトラブルになったのは運転手が不慣れで倉庫まで

入ってこれなかったので、やむなく車を外に止めてそこからフォークリフトで入れ

てやることにした。そのときに敷地内の鉄製のふたを大型車で踏んで曲げてしま

ったことが原因である。それでその事実を発見したK君は「まずいすっよこれ」と

運転手を注意し、修復の処理をさせようとしたところ、運転手は「こんなところに

そんなもの置いてあるのが悪い」となかば開き直り立ち去ろうとしたというので

ある。 以下実況録画。

私 「それで怒って大阪弁でまくしたてたんか?」

K 「いえ、まくしたてていません」

私 「そんならどうしたんや」

K 「車の前に立ちました」

私 「? 出て行こうとする車の前に飛び出したんか?」

K 「はい」

私 「運転手はどうした」

K 「しばらくして降りてきまして会社に連絡してくれといいました」

私 「、、、それにしても大胆なことするなあ」

 
相手が大阪弁でまくしたてられたと言った真相がなんとなくわかってきた。きっと

相手にすれば(相手は石川県の素朴な会社です)出て行こうとする車の前に立ちは

だかってくるような行為は東映のやくざ映画の印象とだぶって、「こわい兄ちゃん

が大阪弁でまくしたててきた」という記憶になったのではないだろうか?そのうち

包丁もって追いかけられたになるかもしれない。

それにしても、このような責任感はどのようなときに、どんなきっかけで醸成され

てくるのだろうか?私はこの話を聞きながらそのことを深く考えてしまった。人間

性なのか家庭の教育か、職場の立場なのか?なぜならK君はまだ契約社員だし、

うちに来て日も浅いし、そこまでやってくれるとは思えなかったのである。

いづれにしても我々はすばらしいP&Dセンター長候補を手に入れたことだけは

間違いないようである。ともかくまた楽しい宴会になりました。

posted by 木村雅 at 13:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

美容室様向け企画

ここ数年わが社にとってR社の発行するクーポン雑誌は、単なる競合というだけで

はなく、広告のあり方そのものを問うというところまでの存在になっている。

クーポン広告は確かに反響を取れるが、本当にそれが広告主の利益につながって

いるのか、という疑問との戦いでもあるからである。

曰く、粗利を極端に下げてしまってお店の利益につながらない、本当に欲しい

客層と違う層のお客様を呼んでしまう事になる、固定客化しにくい、最初は反響

があるが、だんだんなくなってきて、更なる割引をしなくてはならなくなる。

こんなデメリットがはっきりしていて、それはお客様もわかっていて、それでも

なかなかクーポン広告をやめれないのは、お客様が来てくれないという恐怖を

乗り越えれなかったからであり、またクーポンに代わる広告の提案がなかなか

打ち出せなかったからである。わが社は「商売名人」という商品で、お客様の

顧客化のお手伝いをし(すでに376社のお客様に導入していただいている)

クーポン一辺倒の広告展開からの脱皮のお手伝いをし、今本当に欲しいお客様を確

実に呼ぶことが出来る広告提案を企画することが出来た。それが今回の美容室

企画である。かなり手の込んだ企画であるが、消費者にも、美容室様にも喜んで

いただける企画に仕上がったと思う。スーパーバイザーのO女史や、新人の時に

美容室企画でもがき苦しんだ経験を持つ営業のKさん、それとT室長の渾身の企画

である。この企画の成否が今後の広告のあり方に大きな影響を与えるような気が

するのである。成功を願わずにはおれないのです。


posted by 木村雅 at 18:23| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

商品化

今新入社員諸君は、お客様の顧客化支援の商品としてわが社が社運を賭けている

「商売名人」導入店のフォローに回っている。顧客化のためにお客様のメール

アドレスをどうしても集めてもらわなければならないのですが、なかなかそれが

難しく、そのお手伝いが少しでもできればと思ってサポートをしています。

まだ一週間のフォローですが、すでに800件以上ものメールアドレスが増えて

少しはお手伝いになっているのかなと思います。新人諸君にとっては

お客様のご苦労が肌で感じられて、とてもいい勉強をさせていただいています。

グルメサイトやママサイトなども作って、「商売名人」導入店様と消費者とのつな

がりももっと持ってもらって、ぜひ満足いただける商品にしたいと痛切に願う

のです。



posted by 木村雅 at 20:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

サンクスカードあれこれ

今年度上半期のサンクスカード表彰式が30日に行われた。サンクスカードなので

基本的には、一緒に働いている仲間にいろいろ助けてもらってありがとう、と言う

ことなのでしょうが、私はそのいろいろをはっきり書いて欲しいと思っています。

そしてそのいろいろの中でこれは会社の評価基準にしていることの見本になるもの

だ、というものを明らかにして共有化したいと思っています。企画賞をとった制作

のMさんは、日常の仕事の中でのちょっとした工夫なのですが、いかにいつも仕事

の効率化を考えているかがよくわかります。みんながこんな風に仕事の工夫をして

いけばどんなにかすばらしいでしょう。ただありがとうではなく、目指したい風土

を示しているものを表彰したかったのです。P&DセンターのK君は対人理解賞

を受賞しましたが、女性のパートの人が重いものを下げようとしているのをみる

と、自分の仕事がハードなのにもかかわらずすぐに飛んできて「自分がします」と

いうそうで、そんな姿勢に対するサンクスカードが出ていましたが、これこそが私

が望むリーダー像なのです。日常の仕事の取り組み方でその人の将来性を見ること

ができます。K君には大いに期待したいです。組織貢献賞のN部長は、いつも社長

の叱られ役を一人で買ってでていることへのサンクスですが、Oマネージャーの

申し訳なさそうな文章がおかしかったです。N部長の人のよさがにじみ出ていまし

たが、社長にぼろくそに言われてもいつもけろっとしている姿勢には社長はじめ

皆が救われています。これはもう余人をもって変えがたく、N部長恐るべしです。

がぜひ次回は業績で組織貢献して欲しいものです。その他本当にすばらしいサンク

スがたくさんありました。

場所を変えて、懇親会の席上での「裏サンクスカード賞」は大いに盛り上がりまし

た。爆笑の連続で、わが社の真実の姿が浮き彫りになったのかもしれません。

仕事は楽なことばかりではないし、むしろ辛いことの方が多いときもありますが、

感謝し感謝されて回りの人間の存在への理解を深めたり、気が付かないうちに他人

に力を与えている自分を発見できたりすることは、辛いことや理不尽なことを

はね除けて強く生きていけるための勇気をもらえるのではないでしょうか?

このサンクスカードでそんなことが出来ればホントに素敵だなと思いました。
posted by 木村雅 at 21:17| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

フリーアドレス

今Pマークの取得に向けて取り組んでいる。T君以下のプロジェクトメンバーの

奮闘で順調に進んでいるようだ。その中で、帰社時に机の上に何も(パソコンも)

置かないで帰ることが義務付けられていることもあって社内一斉大掃除をしまし

た。そしていい機会だからかねてからやりたかったフリーアドレス(座席の非固定

化)を営業部門から実施してもらいました。日本経営品質賞を受賞した武蔵野さん

やワイキューブさんがフリーアドレスにしてコミュニケーションが活性化し、業績

が向上した!事例を知っていたので、チャレンジしたかったのです。営業メンバー

は朝来るとローカーからパソコンを出して、座席を選びます。毎日違う席に座って

もらいます。新人が以前部長の座ってた席に堂々と座っていたり、日頃接点の少な

いメンバー同士が隣に座ったりと、まだ取り組んで一週間ですがとても新鮮な感じ

がします。机もきれいになったし、きっといい効果が出ると期待しています。

でもともかく、社長の無理!な要求を実現してくれた、(実は本当にこんなに早く

出来るとは思わなかったのです、、)T君や営業メンバーの実行力に感謝します。

実現できないことがすぐ出来るようにな組織になって、何かが変わっていくような

うれしい予感も感じているのであります。
posted by 木村雅 at 17:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

入社式

本日より2006年度新入社員が8名入社しました。

入社式を行いましたが、大変盛り上がり、いい入社式

になりました。

新入社員が事前研修ですっかり元気になって、とても

いい刺激を運んでくれたせいだと思います。

人生の節目はいろいろあるけど、働き始めるという節目は

とっても重くって、大切な日ですね。後々振り返って

思い出に残るような入社式であったのではないでしょうか?

夢を持ってわが社に入社してくれた8名になんとしても

幸せになってもらわねばと心に誓った日でした。




posted by 木村雅 at 21:04| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社内の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

達成!

やりました!
先日から言っておりました
「商売名人」南大阪版で
なんとしても「3月までに300件の受注を」と
目指していましたが、残り2日で16件残
というところまで来ておりましたが、
本日最終日に303件の受注をしました。全社一丸となって将来ビジョン達成に
向けて、力を合わせられた結果だと思います。
パチパチパチ。

発注をいただいたお客様の期待に応えられるよう
奮闘努力するとともに、さらに加速して南大阪の
ポータルサイト作りを目指してがんばりましょう。
posted by 木村雅 at 14:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

将来ビジョン

いよいよ3月も残すことろわずかとなりました。
社内では昨年から取り組んでいる「商売名人」
の3月末締め切りを迎え、最後の追い込みに
全力をあげています。
目標件数まであと少し、ぜひ達成したいものです。
地域のお客様の販売促進のお手伝いをするうえで
この「商売名人」の成功は必須です。
わが社の将来ビジョンがかかっているといっても
過言ではありません。
そしてそのビジョンは壮大でかつ社会性に満ちた
ものです。
あと少しがんばります。
posted by 木村雅 at 21:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

勉強会

勉強しなければいけないことが山ほどある。
経営、人材育成、営業、戦略、、、
特に戦略面ではITの状況の
根本的な理解が必要である。
そんな問題意識に格好の本が出た
「ウェブ進化論」
グーグルが牽引する検索技術の進化は
旧来の権威を突き崩し「知」の世界の秩序を
再編、、、、
なかなか手ごたえがありそうなので
社内勉強会で読むことにしました。
参加者募集です。
posted by 木村雅 at 21:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 社内の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

会社説明会2回目

昨日会社説明会2回目が行われました。今回もたくさんの学生さんに
参加していただき社員一同おお張り切り!でした。
前回は時間オーバーしてしまったので社長、F君、Kさんの発表者は
皆原稿を見直して臨んだのですがまたまたオーバー。
最後のKさんがまたあおられることに。(すみません、社長のせいです)
学生の皆さんがものすごく熱心に聞いてくれるのがビンビン感じるので
ついついアドリブが増えました。反省しております。
でもおかげさまでまたほとんどの方が1次面接希望でした。(よかった)
明日から1次面接が始まります。面接担当の方は多忙中大変ですが
未来のわれわれのパートナーとしっかりお話してください。
posted by 木村雅 at 11:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

新卒説明会

今年も早くも07年度の新卒説明会の時期が到来しました。わが社は会社を挙げて採用活動に取り組むことにしていますが、ちょうど繁忙期とも重なり社員の忙しさは半端ではありません。昨日は今年の説明会で見てもらう会社案内ビデオの撮影でてんやわんや。今春入社予定のHさんKさんに手伝ってもらって一日がかりで収録しました。社員も多く「出演」したので時間のやりくりに大変でした。今年も若手社員を中心に説明してもらおうということになり、入社2年目のKさんとF君に会社紹介、仕事の紹介を頼んでいます。先日のリハーサルではとてもすばらしい出来でした。とくにF君は初出場にもかかわらずとても立派な内容で、「あのFがここまで成長したか!」と思わず私の涙腺が緩みかけたほど。皆さん2月2日、13日の説明会乞うご期待ですぞ。
posted by 木村雅 at 17:16| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。