2013年10月29日

アップルの理念

スティーブ・ジョブス の自伝の なかに

創業当時の アップルの 理念が 書かれてあった。

1、共感  顧客と寄り添う

2、フォーカス  集中

3、印象   人は表紙で書籍を評価するように製品の見せ方へのこだわり

(印象)に異常なほどまでに こだわる ジョブスは

製品の パッケージ(すぐに捨てられてしまうもの)に 莫大な 時間とお金を

使い、そして製品発表の プレゼンテーションに 細心の 準備を する。

しかし 1と2から 少し 遠ざかったときに 

苦境に 陥っていく。

それでも この (印象)への こだわりは とっても 参考になりました。

わが社は きれいなものを 求めているわけではないけど

ちょっと 地域に 衝撃を 与えるような 印象を もっと

出せるし 出していかねば、、、と 痛感しました。

タイミングのいいことに  昨日は 会議の中で いいヒントを 頂きました。

これから 周到に 準備をして 地元に 衝撃を 与えるのです。マックス7.JPG




posted by 木村雅 at 06:53| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378826592

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。