2013年10月25日

街の本屋さんがなくなる日

街の本屋さんの 閉店が 急増していると 新聞に 出ていました。

本好きで 本屋さんの 匂いや 雰囲気が大好きな 

私でも 品揃えの 少ない本屋さんは 行かなくなりました。

また 欲しい本は ネットで 注文するようになりました。

大型書店は 行きます。いろんな本を 見ていると 飽きなくて

また 知的好奇心を 煽られるからでしょうか。

ネットでは この感覚はありません。

本屋さんは 本を 売るところではなくて 

知的好奇心を くすぐるところでないと 残れないね。

必然的に 大型書店しか 無理かな?

事業は 変えてはいけないものと 変わらないといけないものがある。

例えば 「知的好奇心を くすぐるのが 本屋さんの使命の一つ」

というのが コンセプトとしてあって それは 変えれない

と考えたら 違う やり方がないのかなあ?

という 弊社も 変わらなくては ならないことだらけです。

多くの業務が 旧態依然とした 仕事のまま。

イライラするけど すべて 社長の責任です。

変えてはならないのは 地域を 盛り上げ 活性化に 貢献する という使命。

そのための 仕事の やり方は 今 大変化 が必要。

焦らない 焦らない と 心で 言いながら 前向いて 戦います。受付.JPG



posted by 木村雅 at 11:31| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。