2011年11月19日

ブータン国王の演説に感動し、自省も、、

多くの方が  昨日の  ブータン国王の  国会演説に  感動しておられます。


大震災への 心のこもった  哀悼と この震災から  強く 大きく 立ち直れるのは


日本であると  暖かい エールを 送ってくれました。


また

「この グローバル化した世界において、 日本は技術と確信の力、勤勉さと責任、


強固な 伝統的価値に 置ける模範であり これまで以上に リーダーに ふさわしいのです。


世界は 常に 日本のことを 大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、歴史に


裏打ちされた  誇り高き伝統をもつ国民、不屈の精神、断固たる 決意、そして


秀でることへの 願望を持って 何事にも取り組む 国民。知行合一、兄弟愛や 


友人との ゆるぎない 強さと 気丈さを 併せ持つ 国民として 認識 して参りました」


国会議員の 皆さんは  どのような  思いで  この演説を 聞かれたのでしょうか?


私は  忸怩たる 思いで一杯です。


国王の エールに  恥じないよう  さらに  精進  していかねば なりませんね。






posted by 木村雅 at 17:22| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。